安心・安全なキャットフード【ねこはぐ】とは?

 

愛猫は、飼い主にとって家族の一員といえます。
そんな愛猫が食べている餌やキャットフード。

 

安価でも粗悪なものでは、人間と同じで体調を崩したり不健康になってしまいます。

 

猫にはキャットフードの善し悪しはわかりません
そのため、私たち飼い主の管理が必要です。
とはいえ、ペットショップに行ってもキャットフードの種類が多すぎて、なにを基準に選ぶべきか判断に迷った経験はないでしょうか。

 

そこで今回は、今、愛猫家の間で話題の国産キャットフード【ねこはぐ】にスポットを当ててみました。
一体ほかの商品とはなにが違うのでしょうか?

 

さっそく、その特徴から解説していきます。

 

安心・安全なキャットフードとは

 

猫にとって、安全性の高いキャットフードとはどのようなものでしょうか。

 

その第一条件として、「猫にとってバランスのよい栄養素を含んだ原材料を使用している」ことが挙げられます。
安値で粗悪な食材を使っているのはもってのほかです。
猫の体質を理解した、健康を維持できるキャットフードこそ“安全性の高い”商品といえます。

 

ねこはぐとは?

 

ねこはぐは、今愛猫家の間で注目されているキャットフードです。
猫専門雑誌「ねこのきもち」や「猫びより」などで紹介され、多数の人気芸能人が使用していることをSNS上に投稿して話題となり、吉祥寺の人気猫カフェ「てまりのおうち」でも愛用されています。

 

それでは、ねこはぐとは一体どんなキャットフードなのか、詳しく見ていきましょう。

 

国産食材を使用

ねこはぐの原材料はすべて国産のものを使用しています。
猫は、良質なたんぱく質ビタミンミネラルから多くの栄養を摂取します。
肉食動物である猫にとって、最も必要なのはたんぱく質です。

 

ねこはぐは、100%九州産若鶏を使用しています。
成分分析値の28.5%以上がたんぱく質であり、最も多くを占めている原材料です。

 

ビタミンとミネラルには、国産の大根葉・人参・キャベツを使用しています。
これらは猫たちの栄養を満たして、免疫力を維持してくれる食材です。

 

添加物未使用

ねこはぐは国内工場で品質管理を徹底しているため、新鮮な食材を輸送することができます。

 

また、酸化防止剤・保存料・着色料・香料・発色剤・オイルコーティングなどの添加物を一切使用していません
猫の食欲を促進させる香料を使用しない代わりに、鰹節・煮干・昆布・わかめを使用しています。
もちろん、これらの原材料も国産です。

 

猫は、嗅覚・味覚・触覚・食後の生理的感覚で食べるものを選びます。
中でも嗅覚は重要です。
公式サイトの調査では、猫に【ねこはぐ】を与えたところ、なんと93.3%の猫がねこはぐに食いついたとの結果が掲載されています。

 

ヒューマングレード

ヒューマングレードとは、人間が食品として食べることができる品質水準の食材で作られた商品を意味します。

 

スーパーやペットショップなどで販売されている安価なキャットフードには、人間が食べることができない粗悪な原材料が含まれていることも少なくありません。
とくに保存料や着色料などの添加物はとても危険です。

 

キャットフードには食品衛生法のような規制がないので、すべてが安全な商品とはいえない現実があります。

 

 

ねこはぐの通常価格は6,980円
ただし、定期コースを選べば今なら初回3,980円43%OFFで購入することができます。
食いつき・素材に自信があるから、いつでも解約はOKです。
(注:ねこはぐは通販のみの販売で販売店舗はございません。また、Amazonや楽天市場でもご購入いただけません)

 

ねこはぐの詳細は公式HPへ

 

ヒューマングレードの代表的なキャットフード

 

ここではヒューマングレードの代表的なキャットフードを3つ紹介します。

 

【ファインペッツ】

ファインペッツは、世界最高品質のヒューマングレードキャットフードです。

 

原材料に含まれるたんぱく質には主に新鮮なアヒル肉ニシンを使用し、天然由来のビタミン・ミネラルも配合しています。
穀類には米や大麦など栄養価の高いものを使用し、アレルギーを引き起こしやすい小麦やトウモロコシは一切使用していません。

 

また化学合成の酸化防止剤や添加物、貴金属類や残留農薬が混入した原材料も一切使用していません。

 

詳しくは公式サイト【ファイン・ペッツ】

https://www.finepets.jp

 

【カナガン】

カナガンはヒューマングレードに加え、「100%無添加お肉たっぷりグレインフリー」といった三拍子揃ったキャットフードです。

 

国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で品質管理を徹底した製造しています。
原材料の60%以上に鶏肉を使用しており、栄養価もお肉たっぷり猫の食いつきも抜群です。

 

カナガンは年齢・肺活量・代謝・住環境に応じて、給与量を調整することで子猫からシニアまで年齢を選ばず与えることができます

 

詳しくは公式サイト【カナガン】

https://www.canagancatfood.co.jp

 

【ねこはぐ】

ねこはぐは原材料のすべてが国産です。
たんぱく質には100%九州産若鶏を、ビタミン・ミネラルには国産の大根葉・人参・キャベツを使用しています。

 

人工的な風味オイルを使わないノンオイルコーティングで、酸化防止剤・保存料などの添加物を一切使用していません。

 

穀物を使用しないグレインフリーではありませんが、アレルギーを引き起こしやすい小麦を一切使用しないグルテンフリーで、穀類には栄養価の高い大麦・玄米を使用しています。

 

詳しくは公式サイト【ねこはぐ】

http://pet-hug.com/nekohug/

 

ねこはぐは「グルテンフリー」

 

ねこはぐは小麦・大麦・ライ麦を使用していないグルテンフリーです。
穀物を一切使用していないグレインフリーではありません
その理由を解説します。

 

グルテンフリーとは

グルテンフリーとは小麦・大麦・ライ麦に含まれるたんぱく質の一種であるグルテンを一切使用していないフードのことを意味します。
たんぱく質含有量を多くするため、小麦グルテンを使用しているペットフードがあり、アメリカでの中国産小麦によるメラミン混入事件を機に、グルテンフリーのペットフードが増えたといわれています。

 

グレインフリーとは

グレインフリーとは穀物を一切使用していないフードを意味します。
猫は肉食動物のため、穀物に含まれている「植物性タンパク質」を分解する機能がありません

 

しかし、コスト削減のため穀物を使用しているキャットフードも多数です。
猫は穀物を消化できないまま体に蓄積させてしまうため、アレルギーや病気を引き起こす原因になります。

 

とはいうものの、穀物に含まれている食物繊維は、消化管の動きや腸内の環境を整える働きがあるのも事実です。
そのため、ねこはぐには消化器官の調子を整えるための程よいグレインは含まれているものの、小麦アレルギーの反応が出やすい猫のために小麦を一切使わない小麦グルテンフリーで作られているのです。

 

ねこはぐのグルテンフリー、グレイン配合について詳しく知りたい!
詳細は公式HPからご覧いただけます。
http://pet-hug.com/nekohug/

 

獣医師も認める「ねこはぐ」

 

ねこはぐは、獣医師からも推奨されています。
獣医師はキャットフードを選ぶにあたって、栄養バランス安全性嗜好性を大事にしています。

 

ねこはぐは高たんぱくで、子猫からシニアまでの全ライフステージに対応した栄養バランスの取れたキャットフードです。
原材料にすべて国産のものを使用し、添加物を一切使用していないことから安全性の高さもあります。
また、猫の食欲を促進させる香料を使用せず、代わりに鰹節・煮干などの食欲をそそる香りを強くさせ、嗜好性も非常に優れている商品です。

 

「人でも食べられるヒューマングレード」「すべての原材料が国産」という信用性・安全性が「ねこはぐ」の最大の特徴といえるでしょう。

 

ねこはぐを推奨する獣医師の一人、油田先生のねこはぐに関する分析はこちらから

 

 

ねこの正しいエサのあげ方

 

猫の健康のために餌の与え方には気を付けなければいけません。
毎日する食事、理想的な猫の餌の与え方がどういったものか紹介します。

 

【餌の回数】

 

猫の餌の回数の目安として、成猫は1日2回で十分です。
与えすぎは肥満の原因になります。

 

発育期の子猫の場合は、1日3?4回ほど与えるのが良いでしょう。
子猫の発育期は生後3,4週間から生後1年あたりまでの期間です。
発育期の子猫には、カロリーは多く必要ですが、子猫は一度にたくさんの量を食べられません。
そのため、3?4回に分けて与えることをおすすめします。

 

【キャットフードの量】

 

猫も餌の与えすぎは肥満の原因になります。
生後一年を過ぎた成猫の餌の量の目安は、猫の体重×80kcalです。

 

ねこはぐの場合、100g383kcalですので、体重が2kgの猫だと餌の量は31〜42gが目安となります。
家猫の場合、消費するエネルギーの量も少ないので、猫の体重×70kcalに減らしても良いでしょう。

 

また、生後3,4週間から生後1年の子猫の餌の量の目安は、猫の体重×100?200kcalです。
ねこはぐの場合、100g383kcalですので、体重が1kgの猫だと餌の量は59g前後が目安となります。

 

種類や肺活量などによって与える量は変わりますが、上記を目安として覚えておくといいでしょう。
肥満気味の猫には与える餌の量を減らしたり、子猫やシニア猫の場合、食べる力が弱いので柔らかいウェットフードやドライフードを、さらにお湯で柔らかくしてから与えることも大切です。

 

ねこはぐは生後3,4週間から生後1年の子猫から7歳以上のシニア猫まで、全てのライフステージに対応し、猫本来の生態に合った食材と配合率にこだわったキャットフードです。
ペットフード公正取引協議会が定めた分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たしていることも証明されており、猫の腎臓への負担を軽減するために塩分も控えめに調整されています。

 

意外と知らないねこに食べさせてはいけないもの食べさせない方が良いもの

 

猫には食べさせてはいけない、食べさせるには注意が必要なものがあります。
猫の健康のためにも、飼い主はしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

【食べさせてはいけないもの】

 

ネギ類
ネギ科の植物は主に

  • タマネギ
  • 長ネギ
  • にら
  • らっきょう
  • ワケギ
  • アサツキ
  • ニンニク

などのことをいいます。

 

ネギ類に含まれているアリルプロピルジスフィドという成分は赤血球を破壊し、溶血性貧血の原因となります。
そのため、猫が食べると下痢や嘔吐、血尿など中毒を起こし、最悪の場合は死亡することもあるのです。
アリルプロピルジスフィドの効力は、加熱しても落ちません。
猫に食べ物を与える際、ネギ類には十分注意しましょう。

 

タコ・ イカ類
タコ・イカ類は消化が悪く、下痢や嘔吐・便秘の原因になります。
イカに含まれているチアミナーゼという酵素はビタミンB1を分解し、急性ビタミンB1欠乏症を引き起こす場合があります。
チアミナーゼは加熱すれば効力を失いますが、だからといって積極的に猫に与えることは控えましょう。

 

カカオ類
チョコレート・ココアの原材料になっているカカオには、テオブロミンという物質が含まれてます。
猫がテオブロミンを摂取すると下痢や吐き気、血圧上昇、不整脈、痙攣を引き起こします。

 

かまぼこなどの練りもの類
かまぼこやハンペン、ちくわなどの練り物には添加物が含まれているため、与えすぎるのはNGです。
このような加工食品ばかりを与えていると、偏食となりビタミンB1欠乏症になる可能性があります。

 

ドッグフード
猫と犬とでは必要な栄養素が違います。
ドッグフードには猫にとって必要な良質たんぱく質やタウリンが不足しています。
タウリン不足が続くと進行性網膜萎縮を起こし、やがて失明してしまいます。
タウリン不足は心筋症、神経の異常、生殖能力の低下なども引き起こす危険性もあります。
猫にはきちんと、キャットフードを与えましょう。

 

【食べさせない方が良いもの】

コーヒー、お茶
コーヒーやお茶に含まれているカフェインには、強い興奮作用があります。
コーヒーやお茶は猫には与えない方がいいでしょう。

 

お菓子・甘いもの
お菓子などに含まれている糖分や脂肪分の過剰な摂取は肥満の原因になります。
また、お菓子には甘さを引き立てるために塩分も相当量含まれています。
塩分の過剰摂取も注意が必要です。

 

塩分が強いもの
塩分の過剰摂取は、心臓や肝臓に負担がかかります
猫にとって塩分は全く必要ないわけではありませんが、ごく少量で構いません

 

乳製品
牛乳に含まれる乳糖を分解するには、ラクターゼという酵素が必要ですが、猫によってはラクターゼが十分にないため、乳糖が消化できず、下痢や軟便を起こします。
猫には、猫用ミルクを与えましょう。

 

キャットフードは栄養バランスが良い

猫は人間とは必要な栄養素が異なります。
たんぱく質を多く必要とし、ビタミン、ミネラルも摂取すべき栄養素です。

 

小麦アレルギーを引き起こしやすい猫ですが、穀物に含まれている食物繊維は、消化管の動きや腸内環境を整える効果を持っています。

 

ねこはぐは、100%九州産若鶏を使用しており、たんぱく質も十分、ビタミン、ミネラルに大根葉、人参、キャベツを使用しています。
小麦を一切使用しないグルテンフリーでありながら、猫に必要な分だけのグレインは含んでおり、アレルギーの心配なく整腸作用も期待できます。
人間でも食べられるヒューマングレードのキャットフードなため、添加物も一切使用しておらず、安心して与えることができます。

 

おすすめのキャットフード

 

猫が長生きするためには、良質なキャットフード与えることが必要です。
しかし、スーパーやペットショップなどで販売せれているキャットフードの中には粗悪なものもあります。
本当によいキャットフードは、一体どういったものなのでしょう。
口コミや評判から、良質のキャットフードを選びました。

 

全て安全で猫のために素材や栄養バランスが考えられたキャットフードばかりですので、参考にしてみてください。

 

カナガン

カナガンはペット先進国のイギリスで80%のリピート率を誇ります。
グレインフリーで穀物アレルギーを発症しやすい猫におすすめのキャットフードとなっています。
良質なたんぱく質である動物性原材料が70%を占めており、イギリス産平飼いチキンや糖の吸収が穏やかなサツマイモを使用しているので、少ない量でも満腹感を得られます。

 

詳しくは公式サイト【カナガン】

https://www.canagancatfood.co.jp

 

モグニャン

モグニャンは、低脂肪で高たんぱくなキャットフードです。原材料として、消化吸収の良い白身魚が63%を占めています。
魚の出汁のような香りで、猫の食いつきが非常に良いキャットフードです。
カロリーも控えめで、体重のコントロールが必要な猫にぴったりなうえ、体調や毛艶も良くなります。
穀物でお腹を壊しやすい猫や、ドライフードだけでは食が進まない猫におすすめです。

 

詳しくは公式サイト【モグニャン】

https://www.mognyancatfood.co.jp/cart

 

ねこはぐ

ねこはぐはすべて国産のものを原材料として使用しており、国内の工場の厳しい品質管理の下で生産されています。
原材料のすべてが人間でも食べることが出来る品質のヒューマングレードなキャットフードです。

 

また、穀物を一切使用しないグレインフリーではなく、猫に必要な最低限の雑穀米(大麦、黒米、赤米)を配合しています。
猫に起こりやすい小麦アレルギーに配慮し、小麦を一切使用しないグルテンフリーの製品なのです。

 

優れた栄養バランスで、無添加・ノンオイルコーティング、鰹節や煮干を使用しているので、猫の食つき率はなんと93.3%
生後3週間の子猫から7歳以上のシニア猫、肥満気味の猫までさまざまなタイプの猫に与えることができる総合栄養食です。

 

詳しくは公式サイト【ねこはぐ】

http://pet-hug.com/nekohug/

 

ねこはぐの口コミ・評価

 

ねこはぐの口コミや評価はどういったものか。利用者の声を確認しましょう。

 

37歳 女性 栃木県

 

小麦粉フリーは肥満気味に猫ちゃんに良いそうで、うちの猫にピッタリです。

 

55歳 女性 長崎県

 

添加物系は稀にアレルギーを起こしてしまうので「ねこはぐ」はその点心配せず与えられました。

 

29歳 男性 東京都

 

香り付きのオイルでコーティングもせず、原材料そのままでというのは自信があるからこその形だと思います。

 

などなど、ねこはぐは顧客満足度92%です。
原材料や生産工場が全て日本国内で安心・安全性の高さ、人間でも食べることができる品質レベルのヒューマングレード、添加物を一切使用していないことへの利用者の満足度も高い商品なのです。

 

キャットフードのなかでも希少な国産×ヒューマングレード「ねこはぐ」

今回紹介しました全ての原材料が国産、添加物未使用、人間でも食べたれるヒューマングレードのキャットフード「ねこはぐ」。
ねこはぐにはサンプルがございません。
まずは1袋をしっかりとお試し頂いて本当に飼っている猫に合っているかご判断してみて下さい。

 

 

ねこはぐの通常価格は6,980円
ただし、定期コースを選べば今なら初回3,980円43%OFFで購入することができます。
食いつき・素材に自信があるから、いつでも解約はOKです。
(注:ねこはぐは通販のみの販売で販売店舗はございません。また、Amazonや楽天市場でもご購入いただけません)

 

ねこはぐの詳細は公式HPへ

 

 

まとめ

 

  • キャットフードは、安心安全はもちろん栄養バランスの良いものを選ぶべき。
  • 人間も食べることのできる品質基準のことをヒューマングレードという。
  • 猫にとって程よい穀物は、消化器官や腸を整えるのに必要。
  • グルテンフリーとグレインフリーは違う。
  • ねこはぐは、すべて国産の原材料で作られているグルテンフリーでヒューマングレードなキャットフード。